Print Shortlink

気になる求人状況とは

webプログラマーの年収はスキルによって変わります。もちろん初心者の頃はプログラミングスキルもほとんど無いために、簡単な作業しか任されません。そのために収入はそれなりのものとなります。そこからいかにスキルを高めるかによって、年収も大きく上がるか否かが決まります。と言っても普段の業務で任される仕事は大抵固定されるものなので、なかなかレベルアップするような仕事は回ってこないものです。

そこで独学で学ぶことも必要です。テクニックに磨きをかけることで、新たな仕事を任されるようになりますし、その結果年収も増えていきます。目安として年収500万円ほどになると、上流工程と呼ばれる設計に関わることになります。プログラマーとしての貢献度には限りがありますが、クライアントから得る報酬を増やし、コストを抑えて開発するプロジェクトを組めるようになれば、会社への貢献度は飛躍的に増加します。そのために収入も増えるのです。と言っても同じ会社での昇給には限りがあるものです。

そこで、webプログラマーの求人状況が良いことを利用して、転職することで報酬を飛躍的に増やすことができます。スキルを高めるたびに転職を繰り返すことで、年収を大きく増加させているwebプログラマーは大勢います。ただし注意が必要なのは、現役のプログラマーとして活動できる期間は比較的短いものです。その先は管理職へと進むか、あるいは独立するかを選びます。
ただ、需要が高いWeb領域の案件は比較的に獲得しやすく、将来性も十分にあるため独立することも夢ではありません。

Leave a Reply